HN=happico(はぴこ)  パッチワークキルトが好き


by happico

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

カード入れ横型に
at 2017-12-09 21:20
黒系ストリングショルダーバッ..
at 2017-12-07 21:55
黒系ストリングショルダーバッグ
at 2017-12-05 22:20
小さいもの
at 2017-12-02 22:14
ストリングつなぎ
at 2017-11-30 21:13
カレイドスコープのキルトが
at 2017-11-24 22:51
星のパターン4のブロック
at 2017-11-20 11:21

カテゴリ

全体
パッチワークキルト
フォーパッチ
オーシャンウェーブ
ログキャビン
オハイオスター
ベツレヘムの星
ダブルウェディングリング
パートナーシップキルト
パッチワークバッグ
パッチワークポーチ
サンプラーキルト
ソーイングケース
ベビーキルト
ピーターラビット
ハワイアンキルト
キルト展・イベント
ステッチ
~2005キルト
~1997キルト
編み物
ドリ♪
介護
家づくり
いろいろ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

◇+petit+さん 黒..
by happiaya at 22:29
シックですね~..
by petit-plus at 16:20
◇みや美☆さん ありがと..
by happiaya at 13:45
作品入選おめでとうござい..
by みや美☆ at 11:25
◇はなさん ありがとうご..
by happiaya at 17:43

ブックマーク

フォロー中のブログ

毎日チクチク
ブルートと歩く おおさかの街角
別館 柚風(ゆぜ)のshiro
handmadeな生活
上り屋敷
まやのパッチワークとハン...
ささちゃむ日記
はなはな パッチワークキ...
気ままに小布つなぎ
+petit+
ギャラリー上り屋敷

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

ライフログ


黒羽志寿子のパッチワークおさらい帖 ピースワークからデザインまで 基本からレッスン


黒羽志寿子の小ものづくり―パッチワークキルト 教えたい、習いたい


黒羽志寿子のテクニックノート―パッチワーク、手縫いとミシンのいい塩梅


自由自在にログキャビン―黒羽志寿子のキルト (NHKおしゃれ工房)


黒羽志寿子に習うパッチワークの手ほどき


若山雅子のアメリカンキルトかわいいモチーフがいっぱい (Heart Warming Life Series)


鷲沢玲子こどものキルト―よろこぶ顔にたくさん出会いたくて


キャス・キッドソンの世界 stitch!―キャスのロゴがついた表紙のポーチが今すぐ作れるキットつき!

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
ハンドメイド

画像一覧

カテゴリ:キルト展・イベント( 88 )

東京国際キルトフェス2011-Vol.2

東京国際キルトフェスティバルのご報告です。皆さんのブログでもたくさんレポートされているので、簡単にざっとご紹介します。


ようこそ!キルトガーデンへ
キルト作家の先生方がそれぞれのイメージで作ったキルトガーデン。

d0097364_1130197.jpg

d0097364_11393037.jpg

d0097364_11302015.jpg

↑ 黒羽志寿子先生 井戸端のある懐かしい裏庭。大きなキルト2つが今年の新作です。あ、井戸が写ってません (;^_^A
アンティークなミニチュアグッズに皆さん「かわいい〜」と声をあげていました。一番手前は1cm角の四角つなぎで作られたミニチュアのこたつ掛けとお座布団。


d0097364_11415416.jpg

↑ 斉藤謠子先生 スウェーデンの素朴なフロントガーデン。小さなおうちがいっぱい。新作キルトはとても優しい色合いで小さな葉っぱがい〜っぱいアップリケしてありました。


d0097364_1145406.jpg

d0097364_1146036.jpg

↑ 鷲沢玲子先生 リンゴの木のあるイギリス風。このブースの前だけ、どこかのアトラクションのように柵で仕切ってあり、三浦百恵さんのキルトを見たい皆さんで開場と同時にものすごい行列でした。


d0097364_11511262.jpg

↑ キャシー中島先生 色鮮やかなハワイ風。一番手前のオレンジ色のキルトは、写真ではわかりませんが、とてもキラキラと光って奇麗。


d0097364_1153448.jpg

↑ 郷家啓子先生 シンプルな都会のパティオ。今年の新作は「都会の窓から見えるものは」。いつものきれいな原色の楽しいものと違って、モノトーンなのですね。白い窓の中に花や猫などいろいろ刺繍がしてあります。


d0097364_11574275.jpg

d0097364_1214953.jpg

↑ 小関鈴子先生 エッフェル塔の見えるパリの中庭。窓いっぱいに布で作られたお花で埋め尽くされています。花壇にもお花がいっぱい。全部で3200個あるそうです。


特集企画:アーミッシュの暮らし
今なお伝統的な暮らしを守り続けるアーミッシュの人々が作るキルトが展示されていました。
素晴らしいキルトがたくさん。撮影禁止なのが残念です。

d0097364_12142945.jpg

暮らしの一部が再現され、アーミッシュのキルターによるキルティングビーも実演されていました。

アーミッシュとは、16世紀に始まったヨーロッパにおける宗教革命の最中に登場したキリスト教再洗礼派に属する人たちです。周囲のキリスト教徒から異端として迫害を受け、信教の自由を求め、18世紀にアメリカに移住しました。平和主義に徹し、家族やコミュニティの絆を大切にするため、今も馬車とランプの生活を送るなど現代文明に否定的です。現在、ペンシルベニア州、オハイオ州、インディアナ州など全米約26州とカナダのオンタリオにおよそ19万人が住むと言われています。


わたしのキルトスタイル
100人を超える作家の作品の展示。気になったキルトの一部をアップでご紹介しますね。
d0097364_15221010.jpg



東京国際フェスティバルの主な見どころは、こちら


コンテストの作品のご紹介は次回にします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ



[PR]
by happiaya | 2011-01-28 12:33 | キルト展・イベント | Comments(0)

東京国際キルトフェス2011-Vol.1

今日は1日あいていて、早く行きたい気持ちと27日まで待とうという気持ちと・・・どうしようか迷っていたのですが、朝義妹から今日行くとメールが来て、“やっぱり行ってこよう!”と急いで支度して出かけてきました。
11時半くらいに着いたら、すごい人・・・人・・・! 
一番混んでいる時間帯ですものね。
ドームに着いて、デジカメを忘れてきたことに気づきました。
でも、人が多くて作品の写真はまともに撮れないので、まぁいいかと携帯のカメラで少しだけ撮りました。


d0097364_2271211.jpg
トラディショナルキルト部門に展示していただいているキルト。
多くの方が見てくださっていて嬉しいやら恥ずかしいやら。
(ご報告はこちら

応募することが初めての大作の記念になればと思ったのですが、
本当に信じられない気持ちでいっぱいです。

このキルトは3月に行われるサークル展に出品いたします。
その時にまたお知らせしますね。


d0097364_22144860.jpg
パートナーシップキルト。
作成時の画像はこちら

柔らかい雰囲気のキルトの中に入れていただいて、
なんだかとっても目立っていました。



まずは自分の作品の報告ばかりで、すみません。
次回、デジカメを忘れずに持って行き、ちゃんと写真を撮って、
すばらしいキルトの作品や先生方の素敵な展示の様子をお伝えします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


[PR]
by happiaya | 2011-01-25 22:40 | キルト展・イベント | Comments(4)

キルト展

d0097364_1081783.jpg

「キルトパーティキルト展」へ初日に行って来ました。
はがきにも書いてあるとおり、「生徒さんたちの力作」揃い。
っていうか、それぞれお教室を持っている先生が多数・・・
全体の構成、色合い、ひと針ひと針の細かさ、刺繍やアップリケのテクニック、どれもすごいです。

入って正面に展示してあった斉藤先生の作品は、淡い色使いで、とっても繊細な雰囲気。
たくさんの草花のアップリケと細かいキルトに思わず釘付けです。

水野さんの「水玉LOVER」に再び会えて、独特のえむさんワールドに長いこと浸っていました。
ちょこっと覗かせているユーモアと、それぞれのモチーフの細かさ。すごいんです。
ちっちゃなビーズがとてつもない数、縫い付けられているのですが、近づいて見ても付けられている糸が見えないの。
可愛いマトリューシカたちの中の「happico」も再確認♪

仲良くしていただいているmayaちゃんのベビーキルトもしっかり見て来ました。
昔々?に作りためておいたアルファベットのパターンを大作に仕上げたものです。
ボーダーにたくさんのチェックをつなげて使っていて、とっても優しく可愛らしく仕上がっています。
刺繍や手編みのモチーフとグッズがめちゃ可愛かったです。

たくさんの大きなキルト、どの作品もトープカラーだけど、それぞれ個性がキラリ。
いろいろお勉強させていただきました。
片道1時間半・・・でも、やっぱり行って良かった!

帰りに、もちろんキルトパーティのお店のセールにも寄りました。
あれもこれも欲しくなっちゃう〜
カットクロス10枚程お買い物しちゃいました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ


[PR]
by happiaya | 2010-12-09 10:55 | キルト展・イベント | Comments(2)

私の針仕事展/池袋

昨日、西武池袋本店で開催中の「私の針仕事展」に行ってきました。
d0097364_16294443.jpg


午前中でやはり人がいっぱい! 入るまでに少し並びました。
トップキルターの先生方と門下の方々の作品はどれも素敵なキルトばかりです。
全部をゆっくり見たかったのですが、人をかき分けてまで近づくのは諦めたものも多数。小関先生のキルト「風鈴」と鷲沢先生のキルト「ア フィールド オブ フラワーズ」は1月のドームの時にしっかり見ていたので、後ろのほうからだけ見ました。
じっくり見たかったキルトはきちんと見てきました。暗めの中必死に見たので疲れちゃいました。

「特別展示/古きよき母の手仕事」で水澄美恵子さんの人形「木造校舎の子どもたち」がたくさん展示されていました。子供達の表情がとても豊かでかわいく、懐かしい風景がいっぱいです。以前の展示会の事がこちらのブログでも紹介されていました。


毎年、針仕事展で池袋に行った時には必ずお会いしている恩師にも、今年もまたお昼からお宅にお邪魔させていただきました。ご自宅の隣りにギャラリーをオープン。とっても落ち着いた雰囲気なので、まったりと個展・・・なんて素敵です。
たくさんお喋りして、また新たなパワーもお裾分けして頂いた感じです。本当にいつも感謝しています。

そうそう、腰を痛めてから1週間。まだ完治はしていませんが、もうほとんど大丈夫です。ご心配いただきありがとうございました。
そして、息子の引越しも完了しました。まだ片付いていないので落ち着かないのですが、ホッとしています。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ



[PR]
by happiaya | 2010-08-31 16:59 | キルト展・イベント | Comments(0)

東京国際キルトフェスティバルVol.3


*キルト大賞

今年も本当に素晴しい作品がたくさん! 入賞・入選作品が339点という数で、全部は見られませんでした。
入賞作品は公式ホームページの中で全体が見られますので、それぞれの一部をズームアップしますね。

クリックすると拡大します


☆日本キルト大賞と準日本キルト大賞

d0097364_22513550.jpg


☆ハンドメイキング賞とフレンドシップ賞
d0097364_22541289.jpg


☆トラディショナルキルト部門
d0097364_22551062.jpg


☆創作キルト部門
d0097364_22555067.jpg


☆和のキルト部門
d0097364_22563687.jpg



びっくりしたのは、トラディショナルキルト部門1位。四角つなぎの縫い代の面を表にした意表を突いた作品です。どうして裏にすることにしたのか話を聞いてみたいです。


*キルトマーケット

200店以上が並ぶキルトマーケット。全部は見て回れなく、いつも決まったお店ばかりで終わってしまいます。
カットクロスを中心に少しずつお買い物しました。
d0097364_23112412.jpg


d0097364_2312342.jpg
ソレイヤードのお店で見つけた
小さなピンクッションが12個入っているセット。
土台は木製で直径3cmちょっと。
すごく可愛いんです。
友達と3人で買って分けました!




d0097364_23381014.gif



9日間に渡って開催された東京ドームのキルトフェスティバル。今年もとっても楽しく過ごせました。

また来年ね ヾ(^▽^)ノ




[PR]
by happiaya | 2010-01-25 00:15 | キルト展・イベント | Comments(6)

東京国際キルトフェスティバルVol.2


*ようこそ!マイルーム

先生方がそれぞれに設定したマイルームを演出。例年なら先生方の展示ブースは撮影禁止。ところが今年はOKなので、みなさんのブログでもたくさん紹介されていますね。一応、写真撮ったのでご覧ください。

d0097364_11501715.jpg

↑斉藤謠子さん


d0097364_11514742.jpg

↑林アメリーさん


d0097364_11522980.jpg

↑こうの早苗さん


d0097364_11532586.jpg

↑郷家啓子さん


d0097364_11541230.jpg

↑田川啓二さん


d0097364_11551642.jpg

↑キャシー中島さん


d0097364_1156463.jpg

↑若山雅子さん


d0097364_11572781.jpg

↑園部美知子さん


d0097364_11585677.jpg

d0097364_11592728.jpg

↑鷲沢玲子さん

黄色と赤のキルトが三浦百恵さんのキルトです。ここの前はいつもいつも人がいっぱい!みんな写真を撮っていましたヨ。



*新作キルトの競演・「風」「水」「光」〜流れるものは美しい〜

81人のキルト作家さん達がテーマに合わせて制作したキルト。
ご紹介したいものがたくさんありすぎるので、その中で、許可を頂いたお友達にしていただいているキルト作家・水野さんの作品「水玉LOVER」を。
d0097364_1312724.jpg

かわいいマトリューシカが並んでいます。
その1つ1つに名前が刺繍してあるの分かりますか? その1つに「happico」って名前がついてるんです〜♪
たくさんのお友達の名前を入れてくれているのです。嬉しいですよね。
d0097364_1341791.jpg


アップリケ、刺繍、隅々まで細やかな手作業。さらにビーズがたくさんつけられてキラキラしています。なんといっても水野さん独特の発想とデザイン。楽しく可愛く見る人を癒してくれます。
何回見に行っても、人だかりで、みんなが近づいて見ているので、全体がなかなか見られませんでした。最終日のもう終わりに近い時間に、ようやく一瞬誰もいない状況に遭遇し、写真を撮らせていただきました!



次回は、コンテスト。しばらくお待ちください!




[PR]
by happiaya | 2010-01-24 12:08 | キルト展・イベント | Comments(4)

東京国際キルトフェスティバルVol.1

東京ドーム、行って来ました! 連日すごい人、人! 
年に一度のキルトのお祭り、相変わらずの人気ですね。

たくさんご報告したい事があるのですが、まずは自分の参加したパートナーシップキルトから。

*パートナーシップキルト
d0097364_2383942.jpg

d0097364_239771.jpg

73番のキルト。動物シリーズという感じで、鳥や動物などの生き物が入ったものが集まっているタペストリーになっていました。どこだか捜せますか?
自分でも最初見た時に見つからなかったんです〜(^_^;)

お友達やブロ友さんのも捜して歩きました。
何せ94枚のキルト、会場案内図を頼りに番号を捜すのも大変です。

d0097364_2313248.jpg

こちらの可愛いハートが寄り添っているのは、お友達のmidotanさん。
NHKの放送で、3番目に紹介された方です!



*技とこころ、韓国の名匠 金海子の「ヌビ」
d0097364_23173810.jpg

韓国の伝統的なキルティング「ヌビ」のチマ・チョゴリ。

たくさんの作品があり、どれも全体に3mmとか5mmの間隔でまっすぐにキルティングしてあるんです。
すごいです。



*藍の美ジャパン・ブルーの世界

徳島から来てくださって伝統の藍染めを実演。藍の刈入れから染料のすくもが出来るまでの話や最近の安価な藍染めのこと等とても分かり易くお話しして下さいました。白い布がきれいな藍色に染まるまでの過程も丁寧に実演して見せていただき感激。守り続けてきた伝統の「ほんまもん」の藍を間近で見る事ができてとても良かったです。
d0097364_2326445.jpg


d0097364_23274762.jpg

d0097364_23205298.jpg

鶴阿吽(あうん)紋付夜着



黒羽先生のキルト作品もたくさん展示されていました。
先生もずっとコーナーでキルティングなどの実演をしながら皆さんにお話ししていらっしゃいました。
いつ見ても黒山の人だかり・・・先生の姿が見えませんでした。



長くなるので、今日はここまで。
作家さんのコーナーやコンテストの作品など、次回にしますね。(^_^)/~~~~~

[PR]
by happiaya | 2010-01-23 23:57 | キルト展・イベント | Comments(0)

横浜へ

今日から3日間のインターナショナル・キルトウィーク横浜2009
今まで行ったことなかったのですが、今回初めて、横浜に住んでいる義妹と一緒に行ってきました。

渋谷から東横線に乗って、途中で私の産まれた所の最寄駅を通過。
あんまり駅の記憶はないのだけれど、8歳まで住んでいたので、懐かしいような・・・

初めて降りた「みなとみらい」駅。会場のパシフィコ横浜は駅から近かったけど、途中、風が強くて寒かった〜 (>_<)

d0097364_21572335.jpg


入ってすぐに郷家さんの大きな大きなバルーンキルト。そして横浜開港150周年記念のジャンボキルトがお出迎え。
様々な展示を見て、キルトマーケットでお買い物して・・・楽しかったです。
黒羽先生の作品が10点も展示されてあったのに感激。ゆっくり見る事ができました。
ミニ講習会や体験コーナーがいろいろあって、予約なくでも当日参加できるのもいいですね。

開港150年にちなんで応募されたミニミニキルト。
d0097364_2158579.jpg


d0097364_2159999.jpg
お友達のはなさんのキルトも
しっかり見てきました。
作品ははなさんのブログ
紹介されています。

雑誌「パッチワーク通信」の6月号で掲載された、
150号記念企画の150人のキルターによる150個のピンクッションの展示もあり、
私の尊敬するえむさんのピンクッションも現物をみることができました。(撮影禁止でした)


d0097364_221091.jpg
たくさんのショップを見て回って、
またまたカットクロス
大好きなサーモンピンク系とブルー系を
いろいろ買ってしまいました!
ファスナーも20cm10本600円のを買って、
二人で分けました。




おまけ。
今日は息子が家にいたので、頼んでおいたら、夕飯にカレーを作っておいてくれました。
とってもスパイスが効いてて美味しかったよ〜(^O^)v
珍しく娘もおかわりしてました!




[PR]
by happiaya | 2009-11-12 22:32 | キルト展・イベント | Comments(8)

キルト展×2



d0097364_2215076.jpg
9月に入って早速、
2つのキルト展に出かけてきました!

1つは池袋西武百貨店で行われていた
「私の針仕事展」

第一線のキルト作家の先生方の作品が技法別にグループ分けして展示してありました。
1、クレイジー
2、ミシン
3、ボルティモア
4、エンブロイダリー
5、アップリケ
6、ハワイアン
7、タヒチアン
8、リバーシブル
9、折り布
10、モラ
11、ヴィクトリアン
12、ヘキサゴン
13、四角つなぎ
14、メダリオン
15、ログキャビン
16、トラプント
こんなにいろいろ種類があるのです。改めて勉強になりますネ。
1800〜1900年代のアンティークキルトもとっても良かったです。

池袋へ出かける時には必ず連絡している恩師にもお会いできました。
変わらずお元気で、いっぱいお喋りして、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
いつも元気をもらって、「私も頑張らなくちゃ」って思います。


d0097364_22164428.jpg
もう1つは、千葉そごう「斉藤謠子キルト展」
昨年、銀座松屋で開催されたものと同じなのだけど、→ *
斉藤先生の30年間の作品が見られるのは、
この先あるかどうかわからないので、
往復3時間かけて、行ってきました。

たくさんの作品、細かいピースワーク、アップリケ、キルティング・・・どれも丁寧に作られていて、
素晴しくて、またまた、ため息出ちゃいました。

d0097364_22212786.jpg

池袋でも千葉でも、カットクロスを何枚か、お買い物しました。
昨年、買うのを我慢した斉藤先生の図録も買いました。
ちょうど斉藤先生がいらして、サインも入れて頂けて、めちゃ嬉しかったです。


d0097364_2248822.gif



これから展示会の季節、たくさん刺激をもらいに出かけたい (^_-)〜☆



[PR]
by happiaya | 2009-09-03 22:49 | キルト展・イベント | Comments(2)

東京国際キルトフェスティバル


今東京ドームで開催されている
東京国際キルトフェスティバル −布と針と糸の祭典2009−
私も行って来ました。
毎年楽しみにしている年に一度の日本最大のキルトのお祭りです!


今年は、「赤毛のアン」出版100周年に因み、会場に再現された“グリーン・ゲイブルズ”(アンの家)や“アボンリー村”に
鷲沢玲子さんと仲間たちが、たくさんのキルトの他、芝生や花や野菜すべてを布で制作、展示しています。
d0097364_1231039.jpg



今年もパートナーシップキルトにサークルのみんなで参加したので、
バラバラにキルトになっているみんなの「星に願いを」を探して歩きました。
図案をデザインして下さった先生を始め、みんなの作品です。

d0097364_12133810.jpg

同じ型紙で作っても、みんなそれぞれ・・ですね。
また来年もみんなで参加できたらいいな。

d0097364_12355851.jpg
さて、私のはどこでしょう。




お友達のこみちゃんとりんりんちゃんにお会いし、お二人から、元気パワーを頂きましたよ!
お喋りして、一緒に黒羽先生のトークショー見て、とっても楽しく過ごしました。


d0097364_12325023.jpg
今年のキルト大賞とってもきれい。
近づくと、さらにそのすごさがわかります。


ハンドメイド大賞も
とっても細かくて、きれい。

トラディショナルキルト部門1位は
アイディアがすごいです。

入選された作品も数多く展示されていて、
どれもみんな素晴しいんです。
ひとつひとつ見入ってしまいます。



↑写真をクリックすると倍の大きさで見られます


今年もまたお友達の1人の作品が入選していて、感激でしたヨ。
「これ作った人知っているのよ」って自慢したい気分なのです(笑)


作家先生方のブース、斉藤謠子先生の所はちょうどものすごく混んでいて、
中に入るのはあきらめてしまいました。
百恵さんのキルトが2つも展示してある赤毛のアンの展示コーナーも
ものすごいもみくちゃ!


連日すごい人! 人混みと熱気で、とっても疲れてしまいました。
毎日家の中にこもっているから、体力落ちてて、こういう時に表れてしまいますね。
筋トレしなくちゃ・・・マジで。
[PR]
by happiaya | 2009-01-22 12:49 | キルト展・イベント | Comments(8)